ダイエットをする際に、体重を減少させることが目的としている人は、無酸素運動を軽視する傾向にあります。ダイエットでは体重減少が最優先されがちであり、筋肉をつけることを軽視されてしまうのです。
しかし、健康的に痩せるためには、筋肉が必要であり、そのためには無酸素運動を行う必要があるのです。
体重の減少には消費カロリーを増やす必要があります。
食事から得られる摂取カロリーよりも消費カロリーが多ければ、体重を減少させることができるのです。そしてそのために運動として、有酸素運動が行われることが多いのです。
有酸素運動は運動による消費カロリーが大きいために、時間をかければかけるほど体重を減少させることに役立ちます。
なのでダイエットに人気があるのです。
無酸素運動は運動自体に有酸素運動ほどの消費カロリーはありません。
しかし無酸素運動には有酸素運動には無いメリットがあります。それは筋肉をつけることによる基礎代謝の向上と、成長ホルモンによるアンチエイジング、骨の強化による骨粗鬆症予防です。
筋肉をつけるためには大きな時間が必要ですが、無酸素運動を行うことで代謝を向上させた状態を維持できるために、結果的に1日のカロリー消費が増えるのです。
また成長ホルモンは負担が軽い有酸素運動では分泌されづらいため、無酸素運動が適しています。また成長ホルモンは体脂肪の減少にも効果を発揮します。
骨の強化も有酸素運動で行うことは難しいため、有酸素運動だけを行っている人は骨粗鬆症になりやすいのです。
以上より無酸素運動は、体重の短期間での減少を行うことは難しいのですが、着実に体脂肪を減少させ、健康状態を維持しながらダイエットをすることに役立ちます。